[  Delay] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Earthquaker Devices Disaster Transport Delay
2010/05/23/ (日) | edit |
二日連続で雨とかマジで勘弁してほしいところです
湿気むんむんうざさ百倍ってもんですよ

こんな日はラーメンでも食べたいなぁ

晴れの日も雨の日も
風の日も雪の日も、台風の日でも

要するに私は何時だってラーメンが食べたいのです

まる


さて、今日の紹介はこちら


『Earth Quaker Devices Disaster Transport』

img56768088.jpg

EarthQuaker Devicesのモジュレーションディレイエフェクター
Disaster Transportが待望の復活、外観を一新しTONEノブを加えてリニューアル

とのことですので紹介しようかなと

こちらのエフェクターは一度廃盤(?)になってたんですよね
当時ラインナップの中では一番売れていた物らしいんですけど

『革新的じゃなくなった。似たような商品が増えてきた』

と言って、唯一じゃない物を作る意義は無い感じないからと
生産をやめることを決めたんだそうな、なんとも職人肌というか

なかなか出来ることじゃないですよね

さて、とりあえず仕様の紹介の方を

Control : Mix、Tone、Time、Repeats、Depth、Rate
Switch : Bypass Switch(True Bypass)、Modulate Switch


Modulate SwitchをONにすることでディレイにモジュレーションをかけられます
Depthでモジュレーションの掛かり具合、Rateでスピードの可変といったところです

Delay Timeは300ms to 625msとなっていまして、Toneを可変させることによって
残響音にフィルターをかけダークなディレイやブライトなディレイを作り分けられるらしい


テープエコー独特の揺れを再現したような音から、スラップバックエコー
コーラス、ヴィブラートさらに強烈にピッチがうねる独特のサウンドまで
設定次第でさまざまな効果を作り出すことが可能です


との謳い文句

ふむふむ
動画を聞いて感じたのは結構アナログライクだな、ってとこですかね
基本的にEQD製品は毎回購買意欲を駆られるものを出すので気になりますw

ちなみにこちらの姉妹機種(?)でディレイ部分を抜き出した
EarthQuaker Devices Disaster Transport Jr.というディレイも発売だそうです
こちらはDisaster Transportよりも5000円ほど安くなっていますね

とりあえず動画とリンク置いときます

    

Earth Quaker Devices Disaster Transport 【即納可能】【9v0401対象】
Earth Quaker Devices Disaster Transport Jr. 【即納可能】【9v0401対象】





さて…
そろそろ明日の為に服と靴を乾かさないとな…←


それでは今日はこの辺で!


thema:楽器
genre:音楽
Strymon BRIGADIER
2010/04/27/ (火) | edit |
なんか今日は果てしなくだるいな…
風邪は段々回復してきています

自己治癒能力を信じて毎日不摂生してます(キリッ

あー…眠いよ!

さて、今日のエフェクターはこちら

『Strymon BRIGADIER』

product_14001fck.jpg

ディレイだよ!←
えー、高電圧駆動の真空管を搭載したエフェクターで
有名なDAMAGE CONTROLの新たなるラインナップですね

アナログディレイの心臓部である
BBD ICを再現したDSP技術、『dBucket テクノロジー』が搭載されているんだとか

仕様の方はこちら

Control : Time、Mix、Bucket Loss、Repeats、Mod
Switch : Bypass Switch(True Bypass or Buffered Bypass)
Mode Switch、Tap Switch


各種説明しますと

Mixは3時辺りが原音とディレイ音50:50になる設定
Repeatsは3時辺りで無限リピート、それ以降は発振します

Bucket LossはBBD回路が引き起こすノイズだったり歪みを調節するノブ
3時辺りで歪みが最大になりそれ以降はノイズが追加されるんだとか

Mode Switchは

short mode:40msec~400 msec
med mode:100msec~1000msec
long mode:500msec~5sec

の三つが選択できるようになっていて

Tap Switchは
quater/4分音符、dot/付点8分音符、triplet/3連8分から
タイムベースを選択することが出来る、と

踏みっぱなしにするとリピート音を永久的にホールドすることが可能だとか

そんでOn/Off Switchは
バイパスする際にディレイのリピート音が残るBuffered Bypassと
音が残らないTrue Bypassのどちらかを選ぶことが出来ます

これの切り替えは
Bypass Switchをホールドしながらアダプターを接続して電源を入れればOK

後は、エフェクトON時の信号レベルを+/- 3dBの範囲で調整することも出来るらしい
Bypass SwitchとTap Switchを両方押しながらMixを動かせば設定できるみたい

と、まぁ
こんなところですかね!

他にもエクスプレッションペダルを使うことで
任意のコントロールをペダルで可変させることが出来たり

別売りフットスイッチを接続すればプリセットも1つだけ出来るらしい
といっても、別売りって専用のがあるのか、どう使うのかとかの説明がない…
そこらへんはどうなってるんだろうか、もっと調べてみないと分かりませんな

サンプルとか動画で音聞いてみると
空気感のあるディレイというか広がりがあるというか
なかなか素晴らしい音なんじゃないかと思われます

非常に人気が高いらしくどこ見ても品切れだったんですが
実は運よくこのディレイを手に入れることが出来ました←

ちょうど今日送られてきたんですが、帰宅したのが夜遅くだったので
ほとんど試すことが出来ていませんorz

開けて驚いたのは専用(?)アダプターがめっちゃ小さかったことですかねw

その内きちんとレビューするかと思います
軽く流した感じではなかなか好感触でした

そろそろ楽器店でも再入荷する時期なので気になる方は是非お試しを


動画とショップリンク置いときます!



strymon BRIGADIER [dBucket Delay]









早く大音量で試したいぞなもし
ぞなもしってどこの方言だろう…←


それで今日はこの辺で!



thema:楽器
genre:音楽
Red Witch Titan Delay
2010/04/16/ (金) | edit |
今日はPhantom Fx × Shun Nokina BELLsの発売日でしたね
売れるの早すぎて驚きました…
一分経ったかわからんぐらいの速さで売り切れw

買えた奴、挙手

よし
歯食いしばれ←

見事に逃しましたよ、ええ
買い物カゴには入ったのに、注文手続き始めたら…うっうっ
クレジット登録組は注文完了までが早いから…畜生!←

とりあえず友人から譲ってもらえる可能性があるので希望は捨てません←
まぁ、無理だったら次回ですかね

さて、今日はこちら

『Red Witch Titan Delay』

RedWitchTitanDelaysdg.jpg

アナログディレイペダルですね、ええ←
こちらもNAMM 2010で紹介されたRed Witchの新作になります

なにやらこの個体の中に独立した3つのディレイユニットが入っているとのこと

仕様の方はこんな感じ

《 Control 》
M=Mix ディレイ音と原音のミックス具合の可変
D=Delay Time ディレイタイムの可変 最大800m/secまで
F=Feedback ディレイのフィードバックを調整

Switch : On/Off Switch(True Bypass)

インプットとアウトプットが二つありますが
片方はEffects Loopになってるみたいです

後は③と書いてあるトグルスイッチ
これはシリーズ/パラレルの選択になってるみたい

結構色々な音づくりが楽しめそうな予感
一つ一つのユニットで設定した音を混ぜたり、個々で使ったり
例えばMixの調整で二つ目の設定の特徴を強く出そうとかそういう音作りが…

ディレイ音の前段、中段、後段で音づくりを分けることができるので
前段=ロングディレイ、中段=ショートディレイ、後段=最大ロングディレイ
みたいな感じにすると変態なディレイサウンドが作れちゃうみたい

普通の『タッタッタッタッタッタッタ』という音ではなく
凸凹な『タッタッタタタッタタタッタッッタッッ』みたいなディレイが作れる、と

とんでもなく見づらいなw

他にもMixの値をバラバラにすれば前段より中段のディレイ音の方が大きいとか
とにかくトリッキーなディレイを作れちゃったりするわけです

これはなかなか良いんじゃないでしょうかね
海外ではもう売ってますね、お値段は$399.00になってます
国内流通が楽しみですねー

まぁ、国内価格絶対高いですよ、うん
海外でこれだったら国内ヤバいって、うん←

昨日も同じこと言ったな、うんw

とりあえずメーカー元の説明動画貼っときます









それでは今日はこの辺で




thema:楽器
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。