[Red Witch Titan Delay] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Red Witch Titan Delay
2010/04/16/ (金) | edit |
今日はPhantom Fx × Shun Nokina BELLsの発売日でしたね
売れるの早すぎて驚きました…
一分経ったかわからんぐらいの速さで売り切れw

買えた奴、挙手

よし
歯食いしばれ←

見事に逃しましたよ、ええ
買い物カゴには入ったのに、注文手続き始めたら…うっうっ
クレジット登録組は注文完了までが早いから…畜生!←

とりあえず友人から譲ってもらえる可能性があるので希望は捨てません←
まぁ、無理だったら次回ですかね

さて、今日はこちら

『Red Witch Titan Delay』

RedWitchTitanDelaysdg.jpg

アナログディレイペダルですね、ええ←
こちらもNAMM 2010で紹介されたRed Witchの新作になります

なにやらこの個体の中に独立した3つのディレイユニットが入っているとのこと

仕様の方はこんな感じ

《 Control 》
M=Mix ディレイ音と原音のミックス具合の可変
D=Delay Time ディレイタイムの可変 最大800m/secまで
F=Feedback ディレイのフィードバックを調整

Switch : On/Off Switch(True Bypass)

インプットとアウトプットが二つありますが
片方はEffects Loopになってるみたいです

後は③と書いてあるトグルスイッチ
これはシリーズ/パラレルの選択になってるみたい

結構色々な音づくりが楽しめそうな予感
一つ一つのユニットで設定した音を混ぜたり、個々で使ったり
例えばMixの調整で二つ目の設定の特徴を強く出そうとかそういう音作りが…

ディレイ音の前段、中段、後段で音づくりを分けることができるので
前段=ロングディレイ、中段=ショートディレイ、後段=最大ロングディレイ
みたいな感じにすると変態なディレイサウンドが作れちゃうみたい

普通の『タッタッタッタッタッタッタ』という音ではなく
凸凹な『タッタッタタタッタタタッタッッタッッ』みたいなディレイが作れる、と

とんでもなく見づらいなw

他にもMixの値をバラバラにすれば前段より中段のディレイ音の方が大きいとか
とにかくトリッキーなディレイを作れちゃったりするわけです

これはなかなか良いんじゃないでしょうかね
海外ではもう売ってますね、お値段は$399.00になってます
国内流通が楽しみですねー

まぁ、国内価格絶対高いですよ、うん
海外でこれだったら国内ヤバいって、うん←

昨日も同じこと言ったな、うんw

とりあえずメーカー元の説明動画貼っときます









それでは今日はこの辺で




スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。