[Shun Nokina × Leqtique] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Shun Nokina × Leqtique
2010/04/11/ (日) | edit |
すみません、いねーむりといった愚かな行動をとってしまい…
更新が遅れてしまいましーた…
久しぶりの徹夜がこんなに体に来るとは…

とりあえず今日の紹介の前に、昨日追記した物をこちらにも

wryywywetwhu.jpg




Shun Nokina氏からLeonの予約用アドレスの掲載許可をいただいたので載せます

予約用メールアドレス : sndleon@gmail.com

題名 : Leon予約
内容 : 本人名記載、etc...

というような感じで
あと本人曰く

『メッセージをいただいた時点でWait Listに乗せていただきますので
                             返信がなくてもご安心ください』

『現在、なんとかREDの1/10くらいの量でも代理店
                 お店に下ろせればと思いがんばっています。。』

だそうです!





さて!じゃあ今日の大ニュースはこちら!
Shun Nokina氏が総合デザイナー、リードビルダーを担当する新ブランド

『Leqtique』

が始動するとのことです

究極のコストパフォーマンス”という"Reality"を命題としたプロジェクト案であり
”究極のコストパフォーマンス”を、“最大限の流通量で”、“安定した供給率で”

ということについて考え推し進めてきたそうです
そしてその最終案の一部がこちら


価格は一万台

全てのマシーンの最終的に音に関する部分
はんだ付けなどをShun Nokina氏自らが行い、テストして出荷
また、修理、保証なども全てShun Nokina氏の責任の下行う

SNDとの最大の違いは、ケースがMXRサイズであること
また、基盤がPoint to Pointではなくて、プリント基板であること


コンポーネンツレベルは、SNDと比べても勝るに劣らないクラス
つまるところ、サウンドを構成する上でのコスト的な妥協など、”一切”ない



肝心のエフェクターの内容については

第一段
『Maestro Antique』

こちらは以前SNDで作成していたもの(現在は廃盤)をリメイクしそして再発する、と

どんなものかと問われれば
Shun Nokina氏によるTS系へのひとつの返答、となるそうです

音的にはTS本家というものを正統に推し進めたサウンドであり
モダンなTS系からは完全にオミットされた、強い”あの”コンプレッション
ローエンドがそぎ落とされて形成される”あの”ミッドレンジーなサウンド

あえて回路をTS-9そのままにして、コンポーネンツによる変更のみを行ったことにより

生み出される音はTS系ではなく、TSである

と言えるそうです
なんとも楽しみな一品ですね
自分は間違いなく買うと思いますがw

なんだし、この魔力!←
ポちりが止まらんし!←

ちなみにご本人曰く

■――――――――――――――――――――――――――――――――――■

発売された暁には楽器屋で
TS-9やTS-808、ビンテージ、リイシュー、etc...などと
この新しいMaestro Antiqueを弾き比べてみてください

現在のTS系のモダンなペダルたちの完全に失った、TSっぽさではなく
”TS”と、同時に、Ibanez本家のペダルでは絶対に得られることのできない
"SN"のサウンドがすると思います

ぜひ、一回弾いていただきたいと、心から思う次第であります。

■――――――――――――――――――――――――――――――――――■

とのこと
店頭に並ぶのが待ち遠しいですね
こちらの発売は五月初旬頃を予定しているそうです

そして第二弾は打って変わって

”モダンTS系”

に対するSNの究極的な解釈マシーンを出したいと思っているらしいです

果たして、3Modeに意味はあるのか?
なぜ、ローエンドはトグルなのか?

こういったことにユーザー的な考察を生かした、4knobマシーンになる予定だそうです
こちらの発売はまだ先になるとのこと

そしてこれら2機種以降の様々なエフェクターの設計も既に開始しているみたい
このプロジェクトの中でハイゲイン系を2、3機種ほど出そうと考えているんだと

もう涎が止まりませんな
どうしてくれようこの涎

ちなみにこのブランド名『Leqtique』の読みはレクティーク になるらしい
Shun Nokina氏の造語だとかw

LEとかLEQって略して欲しいらしいですよw
俺は断然LEQ推しで←


皆さんも気軽にえるいーきゅー!と呼びましょう(爆)
それでは今日はこの辺で


スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。