[OXFUZZ] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OXFUZZ
2010/04/05/ (月) | edit |
今日のエフェを紹介する前に、皆さん朗報です!

『Emma RF-2 ReezaFRATzitz II Distortion』




『Emma PY-1 PisdiYAUwot Metal Distortion』



の両方とも入荷日が決まったみたいです!

2010年4月10 土曜日 に入荷するらしく予約も始まってますね
国内ですとKsound ONLINE SHOPさんにて予約可能です

値段も国外とそう大きくは変わらない感じになってます
大体1200円ほど国内の方が割高かな?

楽しみですねー
どっちも試したいです、いやむしろ欲しい←

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さて
今日ご紹介するエフェクターはこちら!

『OXFUZZ』





順に

OXFUZZ Germanium、OXFUZZ Silicon、OXDRIVE、OXFUZZ Bass
カナダのトロントにて2008年に立ち上げられたブランドとの事なので結構新しいですね

とりあえずそれぞれサクッと説明します←

『OXFUZZ Germanium』

EFCOXFUZGE.jpg


Control : Volume、Fuzz
Switch : On/Off Switch(True Bypass)

といった仕様
内部トリムがありBiasの調整が可能
ゲルマニウムトランジスタにはNOSのNKT274を2個使用

fuzz.jpg


メーカーページを見ると『Very warm,fat,and smooth』
てな感じにペダルの特徴が書いてあります

さぁ、次行こう!

『OXFUZZ Silicon』

EFCOXFUZSI.jpg


Control : Volume、Fuzz
Switch : On/Off Switch(True Bypass)

まぁ、同じですねw
内部トリムも同様にBias調整用です
トランジスタはローゲインシリコントランジスタを2個使用

メーカーにはこんな説明が
『Very warm and round, with a tight bottom. No sharp high end buzz.』

更に次
『OXDRIVE』

drive1.jpg

Dallas Rangemaster Treble Boosterに対するOXFUZZの回答だとか

Moollonにもそんなんありましたね
メーカー元には三つの異なるトランジスタがどうのとか
その中からあなたに一番合うのをがどうとか書いてありました←

そして最後!

『OXFUZZ Bass』

 dsfaaaaaaaaaaaaaaa_20100406000217.jpg

Control : Level、Blend、Fuzz
Switch : On/Off Switch(True Bypass)

内部トリムはBias調整用

ベース用に調整したシリコンファズ
ブレンドコントロールでドライウェットを任意のバランスでミックス可能
『No fear of bottomloss here』って説明が
多い日も安しry…ではなく低音のロスはしないよ、と


駆け足でしたがこんな感じです!
日本に入ってきたのも最近みたいですね

ゲルマがなかなか良い音出してます、じゅるり
いいよ、いいよー!

なんだかんだ最近ファズが好きになりつつある私でした、まる

動画置いときますね

『OXFUZZ Germanium』



ブーツおじさんのお世話になります動画
『OXFUZZ Germanium vs OXFUZZ Silicon(Les Paul)』



『OXFUZZ Germanium vs OXFUZZ Silicon(Stratocaster)』



そしてマイスペのサンプル
OXFUZZ

こんな感じです…笑
ブーツおじさんにお世話になってる人はきっとたくさんいますよねw

それでは今日はこの辺で!


スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。