[Dr. Scientist The Elements] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dr. Scientist The Elements
2011/10/07/ (金) | edit |
そろそろWonderwallを聞きながら寒さに肩を竦め
そしてポケットに手をツッコミながらぼーっと道を歩くという

冬ごっこが出来る季節になってきましたね(何

Wonderwallを聞くとなんか冬の気分に浸れるんだよ!悪いか!
Cast No ShadowやDon't Look Back In Angerでも可

この季節になるとThe Ting TingsのShut Up and Let Me Goや
菅野よう子のThe Real Folk Bluse、Ashlee SimpsonのBoyfriendとかが沁みます

そんな私が書く今日の機材はこちら

『Dr. Scientist The Elements』

EFCDCELMNT.jpg

Dr. Scientistの新商品The Elementsですね
歪み系のペダルになります

まぁ、これも結構今更なんですけどね
Dr. Scientistのペダルをこよなく愛する身としては書かざるを得ないですよね

といってもすっかり忘れてたんですけどね(テヘ
たまたまYoutubeで機材漁ってた時にやたら香ばしい足元の人がいまして
その中にThe Elementsが入っていた為まだ書いていなかったことに気づくというね

まぁ、良く見たらその人はBrett Kingmanだったわけですがねw
皆様もきっとお世話になっているであろうYoutubeのBurgerman666さんです

話がちょっとそれましたが、とりあえず仕様の紹介をば

Control : Volume、Gain、Mix、Bass、Mid、Treble
Switch : Bypass Switch、Gain、Clip、Bass Cut、Mid Frequency


鬼のようにコントロールが付いてますねw
MXRサイズでどんだけ詰め込むのかってくらい詰め込まれてますなぁ

ちなみにスイッチ周辺の説明をしますと

Gainハイ/ローのGain Selector
Clip3-Way SwitchのClipping Selector
                (LED/シリコン非対称/クリッピングダイオードなし)
Bass Cut3-Way Switchのベースカットフィルター
Mid Frequency3-Way Switchのミッドフリーケンシー

といった感じになっております

ちなみにMid FreqはMidノブと関連して動作するスイッチで
Midの周波数を400、800、1200Hzに切り替えることが可能になっているのだとか

あとはMixノブに関して、ですが
これはエクスプレッションペダルを使う事でリアルタイムで可変させられるらしいです

あ、それとバイパススイッチはリレー式トゥルーバイパス仕様みたいですね

大体説明はこんな感じで漏らしが無いはず!
(余談ですがこちらのペダルはラインナップにあるThe Cleannessと
The Woofer Wailerといった2つのペダルを合体させ、昇華させたものになるらしい)

とりあえず動画とリンクを張っておくので気になる方は参考にどうぞ!




オーバードライブ/デイストーション Dr. Scientist The Elements [送料無料!]







てなわけで更新終了!

相変わらず香ばしい見た目のエフェクターを造るブランドですな
個人的にはここの商品は空間系とかの方が好きですが…笑

自分は足元から旧RRRが外せない病気に3年ほど前からかかっておりますので…
手にして以来不動の物となっておりますw

このブランドはデザインが増えてきてからが勝負だよね!

そんな感じで今日はおさらばしまするw
では皆さんまた次の更新の時にお会いしましょー


See You Next Time!!



スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。