[Epiphone Les Paul Paul PlusTop PRO FX HS] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Epiphone Les Paul Paul PlusTop PRO FX HS
2010/08/26/ (木) | edit |
こんばんわ、俺です
結局昨日は色々あってコーヴは見に行けませんでした
今は非常に目が痛い…、確実に眼精疲労ですな

と言うことで今日はちょっとさっくり書いて寝たいと思います…

何故なら同窓会があるということで
明日地元に足を運ばなくてはならなくなってしまったからである

楽しみではあるが…、うーん
非常に、非常にめんどくさい、帰るの

お前ら東京にこいよ(謎)


と、そんな話は置いておいて今日の更新行きます


『Epiphone LP PLUS PRO FX HS』


1_20100826230910.jpg


Epiphoneさんとこのレスポール君です
レスポールプラストップにフロイドローズを搭載したモデルになるんだとか

スペックはこちら

《Body》
Top Species : Flame Maple
Back Species : Mahogany

《NECK》
Species : Mahogany - Set
Profile : 1960's SlimTaper™; D profile

《FINGERBOARD》
Species : Rosewood with Mother-of-Pearl Trapezoid Inlays
Scale Length : 24.75"
Number of Frets : 22-Medium/Jumbo
Nut Width : 1-11/16" (R4 Nut)
Inlays : Trapezoid Inlays

《HARDWARE》
Plating Finish : Nickel
Bridge : Floyd Rose Special™ Tremolo with Locking R4 Nut
Tuners : Grover

《PICKUPS》
Neck Pickups : Epiphone Alnico Classic™ Humbucker (4-wire)
Bridge Pickups : Epiphone Alnico Classic Plus™ Humbucker (4-wire)

《CONTROLS》
Neck Pickup Volume with Push/Pull Coil-Tapping
Bridge Pickup Volume with Push/Pull Coil-Tapping
3-Way Pickup Selector
2 Tone

ネック裏は艶消しになっているそうな
フロイド搭載かぁ…、レスポール…

正直に言うと自分はLPもフロイドも苦手なのであまり関心は無いというねw

でもなんか珍しいなぁ、と思ったので紹介してみたり
自分は他にLPでフロイドって知らないんですが何かありましたっけ?

うーん、わからない

フロイドかぁ(二回目)
フロイド好きじゃないけどメインで使ってるギターはフロイドと言うね、矛盾w

ちなみに自分がいつも使っているのはSCHECTER の EX-V CTM FRTですね
一時期は非常に肩身の狭い思いをしましたが(ニコニコ関係w)

そろそろ新しいギターを買いたいなぁ
と言い続けてもう4ヶ月近くは経った気がする、うん

結局まだ試奏の旅に出れていないのでこれだ!と決めかねている状況です
Linhofさんが最有力候補なんですけれどもね、実は

これもずっと言い続けてますね、すみませんww

そんな感じで今日の更新は終わりにしようかと←
次の更新はおそらく、ナインボルトさんが始めた新ブランドか
あるいはDEVIEVER、Keeleyの新作情報かなぁ

James Tyler Variaxも待ってる人がいるようなので後ほどw


と言うことでまた次の機会にお会いしましょうー
アデュー


      

Epiphone エピフォン LP PLUS PRO FX HS
【送料無料】 SCHECTER EX-V CTM FRT ...


スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。