[Mesa/Boogie TRANS ATLANTIC TA-15 ] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mesa/Boogie TRANS ATLANTIC TA-15
2010/07/14/ (水) | edit |
ああああ、暑い
今日はとんでもなく暑かった

汗だくですよ本当

仕方ないから帰りに友人と焼き肉屋行って飲んできました
仕方なくですよ、仕方なく

でもちょっと待って、俺
今期末考査中だよね、単位大丈夫かい、にこにこ

ふっ、神は死んだ

これからデスマですか分かります
金曜日までには音源も仕上げたいのに…


あー!更新するよもう!!


『Mesa/Boogie TRANS ATLANTIC TA-15 』


DS00989282.jpg


メサブギーからの新作アンプですね

海外では今年の2月頃に発売していたんですがようやく国内に入荷
ということでしたので紹介しようかと

何気にアンプの紹介は初めてかな?
ネタ切れとかじゃないんですよ、ええ、ネタ切れとかじゃ←

とりあえず仕様の説明をば

Control : Volume、Gain、Treble ×2、Bass ×2
Cut/Master(Master ×2)

Switch : Top BST/Normal、Tweed/Hi 1/Hi 2
Multi-Watt™ Power×2(5w/15w/25w)

プリ管 12AX7 ×4
パワー管 EL-84 ×2


コントロール類とその他諸々はこんな感じです
他には当然のごとくパワースイッチとスタンバイスイッチが有る感じ

ノブのところが×2になっているのは独立2チャンネル故に

ちなみに内わけを書いておくと

左側がVolume、Treble、Bass、Cut/Master、Top BST/Normal Switch
右側がGain、Treble、Bass、Master、Tweed/Hi 1/Hi 2 Switch

といった編成になっていますね
Multi-Watt™ Power Switchは両方についていてどちらにも有効です

コントロールの説明をちょろっとしますと

Cut/Masterノブはプッシュプルのポットが使用されており、通常時がTONEカット
ノブを引っ張るとマスターボリュームとして機能するようになっています

そんでTweed/Hi 1/Hi 2 Switchは歪みのモード切り替えで
Tweedはフェンダー系、Hi 1はBrit Gain、Hi 2がFat Gainといった内容に

Brit Gainは所謂ブリティッシュ系、マーシャルライクな音
Fat Gainはメサブギーの音、っちゅうことですな

Multi-Watt™ Power Switchに関してはお察しの通り
出力を5w/15w/25wに切り替える事の出来るスイッチになります

フットスイッチは別売りの予定で現在はレイアウトも分かってないとか
ちなみに背面には8Ωと4Ωのスピーカーアウトが付いてるみたい


ふむふむ
駆け足でしたが大体こんな感じでしょうか…
大きさに関しては上の画像だと分かりにくいでしょうからこちらを


!Bs!ZG1Q!2k~$(KGrHqEOKikEvMhnK7BJBL2H)Im5yg~~_1


発売は7月末から8月中旬頃とのことで既に予約は始まってますねー
どんなもんなのかちょっと気になるかなぁ


とりあえず動画とリンク置いときます!




【ギターアンプ】Mesa/Boogie TransAtlantic [TA-15] 【7月下旬~8月中旬入荷予定】








結局寝ないで更新してしまった
何やっているんだ、考査期間中にwww


死亡フラグ経ちました!
それではまた次の機会にwww



スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。