[BJFE Model H] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BJFE Model H
2010/07/11/ (日) | edit |
そして第二弾

ふるえるぞハート!
燃えつきるほどヒート!!
おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!

レビューしてしまいたいんですが、かまいませんね!!


『BJFE Model H』


taeH3D00720001.jpg


個人的にBJFEの中で一番触ってみたかった機種ですね
ただ、結構手に入れやすい機種なんだとか

ということは…、敢えて何も言いませんが…、うんw

まぁ、まぁ
とりあえずそれは置いといてw

触る前まではエクストリームなハイゲインディストーションかと想像してたんですが
実際に弾いてみたところDRDの方が全然歪みました

調べてみたところHiwattサウンドを狙ったモデルらしいです
Hiwattのサウンドを狙ったものと言えばCatalinbread WIIOなんかもそうですよね

自分は大本のサウンドを知らないので、そこに関しては何とも表現しにくいですがw

はてさて、とりあえず仕様の説明に移ります

Control : Volume、Drive、Treble
Switch : Bypass Switch


まぁ、取り立てて説明する必要は無いですね!

敢えて言うとしたら
Volumeの値が非常にでかい事と、Toneは中音域の可変ってことぐらいでしょうか

では肝心の音の方の感想に行きますか…

最初にジャランと弾いた時に、おっ?ってなります
気持ちいいんですよ、普通に

確かDRDの派生形に当たるらしいんですが

音的には非常にシルキーな感じでして
DRDよりゲインは抑えめな感じになっていました

丸みのあるまろやかな音で、謎の気持ちよさが有ります

トーンは先程も書いたように中音域の可変なんですが
やはりこれも立体感が増すような感覚をおぼえる効き方をしました

ただし、下げると全然使えない音にw
個人的な趣向の問題かもしれませんが、非常にこもってしまいどうにも…

トーンに関しては本当上げ気味が心地いいかなと感じましたね

一通り試した後の感想としましては
全体の印象はTS系っぽいような匂いを感じました
と言っても自分はTS系はそんなに試したことないので断言は出来ないんですけど

Hiwattサウンドかどうかは、大本を弾いたことのない自分には判断付かなかったですw

後は、謎の気持ちよさはレスポンスの辺りが関係しているのかなぁ、なんて
弾いたものがすぐさまパッと音を出す感じというかなんというか…

個人的には好みなペダルでした
弾いていて気持ちいいし

で す が

気持ちいいけど、まず値段を考える
考えると別に他のペダルを使ってもこの音出せるなぁ、と思い付くw

そこがネックなペダルなんじゃないかな、とか思いましたw
友人曰く、Marshall Drive Masterに似ているとか何とか

でも見た目もカッコイイし欲しくなるよね、Model Hw

まぁ、感想はこんな感じですが
とりあえず此処まで二つのBJFEを試してみて(弾いてた当時)感じたのは

Toneの可変の仕方がBJFEの肝なんじゃないか、ってことですね
個人的な感想ですが効き方が上手いなぁ、と思えるような可変をするんですよ

そこらへん凄く絶妙に出来ているなぁと感じました





MAD PROFESSOR / Mighty Red Distortion【送料無料】





あんまり良い動画が見つからなかった…
それにしても溜まってるコメントそろそろ返さなきゃ

申し訳ない…

何とか頑張って更新も追いつかないとな
とりあえず今日はここまでですが、多分次もレビューですー


アデュー



スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。