[Eigenlabs Eigenharp Alpha] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Eigenlabs Eigenharp Alpha
2010/07/06/ (火) | edit |
なんか調子こいてたくさん服を買ってしまった今日
基本的暗色系の服が多いので最近リハビリでアースカラー辺りから買い始めた

そして買ってきた服を着てみる

あれ、なんだこれ、涼しげで爽やか

キモッ

なんか今まで着てきた感じのせいか物凄く違和感が有るんだが
こうやって暗色系が増えていくんだなぁと実感した瞬間であった

嫌違うんだ、きもくはない、組合せとしては全然良いんだが…
爽やかなC4、という組み合わせがなにこれ怖い状態になるのである

ふふふ、悲しいけどこれって戦争なのよね…


ということで今日の更新←


『Eigenharp Alpha』


2alpha.jpg


昨日紹介したEigenharpの最上位モデルAlphaですね
こちらにはオプションがありまして、ボディーは

Piano-Black
Ebony
Maple


キーボードの枠、パイプなどの金属部分の仕上げが

シルバー
ゴールド
ロジウム(白金様)


から選べるようになっているみたいです
ボディって普通に木材使ってるんだと知ってちょっと驚きましたw

alpha-big3.jpg

他にもキーボードのキー(ボタン部分)の材質には
プラスチック、エボニー(木製)、メープル(木製)があるんだとか

ちなみに標準仕様が

ボディ→Piano-Black
金属部分→シルバー
キーボード→プラスチック


になっていて、その他はオプション価格の追加があり特注になるらしい

購入すると付属品として電源とインターフェースのためのベースステーション
ケーブル類、バッグと、本体用のハードケースが付いてくるとか

サウンドに関しては

Soundfont2を使ったシンセパッド、エレクトリックベース、ピアノサンプル
などが演奏可能らしく、それに加えてアップルのオーディオユニット規格を採用し
AU;Alchemyのソフトウェアシンセが用意されていて演奏できるらしい

後は独自チェロの物理モデリング
独自クラリネットの物理モデリングのサウンドが演奏可能みたい

別途で入手可能な音源も有るらしいのでかなり幅広そう

演奏方法に関してですが
このモデルだと演奏キーが120あるそうな

そんでその演奏キーの全体を上下のグループに分割出来
それぞれ異なる楽器を演奏することが出来るようになってるらしい

キーの配列は音程順に並んでいて、初期設定ではクロマチックで並んでるみたい
スケールを選択してメジャー、マイナー、ブルース等の音階順に並べることも出来るとか


alpha-big4.jpg


他の機能としてはドラムパターンの演奏だったりレコーディング等が出来るらしい

ドラムパターンは楽器と同時に演奏出来、複数のパターンを重ねることも可能だとか
テンポはタップテンポ、上下調節が出来るみたいです

レコーディングに関しては

楽器の演奏を、ドラムのテンポに合わせて指定した小節数(1~32)で録音が出来
録音後は直ぐ繰り返し再生される為録音しながらのリアルタイムプレーが可能

後は、通常の演奏キーとは別に
下の方に12のパーカッションキーが有りまして
それはドラムパターンとは別に専用のサウンドをリアルタイムで演奏できるとか

それともう一つ
ステップシーケンスを演奏キー上に展開、入力し、演奏させることも出来るみたい

機能面ではこんな感じかな?
とりあえず必要なパソコンの仕様と推奨される追加仕様も紹介しておきます

必要なパソコンの仕様

Mac OS X 10.4 以後
Intel processor 2GHz 以上
2GB RAM.
10GB のハードディスク空き領域
USB 2.0 コンパチブルUSB ポート x 2


推奨する追加仕様


CoreAudio コンパチブルのハードウェア
追加サウンドのための4GB 以上のRAM
追加サウンドのダウンロードのための15GB 以上 のハードディスクの空き領域
CoreMIDIコンパチブルのMIDIハードウェア


Eigenharp Alphaでは、ベースステーション経由でパソコンにUSBで接続し
EigenDというソフトウェアが音源をコントロールして発音させるらしいですが

現在はマッキントッシュのみが使用可能らしいです

テスト版でVST規格の使用できるもの(1.1.X)
Windows用ベータ版(1.2.x)がダウンロードできるそうですが

動作の保証はなく、かなりのバグがあるそうな

希望する人はその点を了解の上で使用してくれとのことで
誤動作の解決は、今後のアップデートまで待つ必要があるらしい

国内での流通は始まったものの、まだまだ改善点が見られるようですねー
自分はMacユーザーではないので現時点では買うかどうか微妙ってとこですね

ていうかAlphaは高いから無理ww
調べてみたら80万ぐらいするんだとか…

AlphaとTauの発売は8月に予定されているようですけど、これ高いなぁw

海外だと£3,995なんで30万近くは安いですね
つっても高いですけどw

買うなら一番小さいPicoですかね
これは7月頭に発売されてるみたいですが8万だったかな?

いけるいける、うん
でも新しいギター買うのでしばらくは無理ですねw

もっともっと安くならないかなぁ…
幾らなんでも80万はきついw


とりあえず動画見て興奮しときますw
皆さんもどうぞw




鍵盤だけで再現不可能な表現力を操るAU対応ソフトコントローラーeigenlabs / Eigenharp Alpha ...








うん、Pico買うわw
畜生本当に欲しいなこの楽器

いつかはAlphaが欲しいと思ってしまうのはしょうがない現象だな、うん

次の更新はPicoについて紹介しますね!
それにしても更新が遅れているな…本当に申し訳ない…


とりあえず長くなりましたが今回はこのへんで失礼します
ではではー


スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。