[Amptweaker TightDrive] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Amptweaker TightDrive
2010/07/02/ (金) | edit |
腹が減ったでござる、そして眠いでござる
レポートまじふざけんな、ファッキン!!!

気分転換にLITEのUst生中継を見てます…
相変わらず良いですなぁ

明日はLive生中継なんで必見ですよ
皆PCの前で正座して待ちましょう、正座だ正座


ということで今日の更新←


『Amptweaker TightDrive』


l_tightdrive.jpg


Winter NAMM '10で発表された製品ですね

此処のペダルはアンプデザインエンジニアである
James Brown氏の手によって設計、製作されているんだとか

James Brown氏はPeaveyに在籍し、Eddie Van Halenと共に製作した「5150」
Joe Satrianiと共に製作した「JSX」等を送りだしてきているらしく
現在はKustom Ampのチーフエンジニアを務めているんだそうな

とりあえず仕様はこちら

Control : Volume、Gain、Tone、Tight
Switch : Bypass Switch(True Bypass)


このペダルの肝はTightコントロールらしいですね

なんでもAmptweakerは数々のアンプを製作してきた経験から
ギタリストがタイトなローエンドのオーバードライブ/ブースターペダルを
求めていることを知ったらしく、それで考案したみたいです

そんでこのこのTightコントロールっていうのは
アンプのアタックを思い通りに調整することが出来るノブらしいです

リードトーンにはスムーズなアタックを
ザクザクと刻むリズムサウンドには重さのあるアタックを
そしてもっとアグレッシブで攻撃的なサウンドを作り出すアタックも簡単に!

といった謳い文句ですね

他に特筆するべきところはですね
こちらにはエフェクトループが搭載されていまして、またエフェクトを
TightDriveの前段/後段のどちらに配置するかをスイッチで切り替えすることが出来る

と言ったことでしょうか

あ、あとこのループに繋いだエフェクターは
Tight Drive本体をバイパスにすると同時にバイパスされるんだとか

ふむふむ
タイトなローエンドと言われたら黙っていられませんw
ということでかなり興味深々な一品ですね、個人的には

国内での発売日ははっきりとは分かりませんが
既に予約の方がナインボルトさんで開始されているようですね

リンクは有りませんでしたが動画が色々見つかったので置いておきます!











一瞬買ってみようかなと考えたんですが
近々ギターを一本買う予定なので多分無理ですね…

ううむ、興味あるなぁ…
金が有れば人柱になると思いますw


まぁとりあえず今日はこの辺で!
ではでは



スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。