[2010年07月] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mahoney Oklahoma Red Dirt
2010/07/29/ (木) | edit |
ハロー、皆さん
山へ行っていました、コンディションレッドなうです
強制連行されました、コンディションレッドなうです!

雨振ったから沢は増水してるしね
おいおい、ハニー、勘弁してくれよ、キリッ
気分はそんな感じですよね

いかに紳士なオレと言えども限界と言うものはあるのだよ!ヘイッ!


CA3G04490001.jpg


気温とか20度でした、寒い
水温がガチキチです、氷水もいいとこ

冷たくてきぃっもっちうぃぃぃぃぃぃ!!

とかじゃないから本当、痛い、すごく痛い
何故真夏にこんな気分を味わっているんだオレは、と自問自答するレベル

もう良いんだ…
色々と体に来ていますが今日こそはきちんと更新
腰が悲鳴を上げてるぜ!うら若き男子としては致命的、ふふふ!


『Mahoney Oklahoma Red Dirt』


EFCMNORDDT.jpg


ラスベガスに拠点を構えるペダルブランド、Mahoneyの新作
Okalahoma Red Dirtが入荷とのことで紹介してみようかなぁ、と

ちなみにこちらはディストーションとなります

ラスベガスはアメリカ西部ネバダ州でバニーガール…
オクラホマは州の名前でアメリカ南西部…

混乱する…いやしないな、うん

ええ、どうでもいい話は置いておいてですね
こちらの機種はVan Halenの1stアルバムのサウンドを目指した物になるそうな

ちなみに某楽器店の売り文句によりますと

『ドライブしているけどクリーン、クリアーだけどディストーションのエッジ感も持っている
      それでいて耳に痛くなく、中域のハリも抜群!
あのパワーチューブサチュレーションの効いたサウンドを手に入れられるドライブペダル』

べた褒めやないか
そこらへんがどうかは流石に触ってみないとわかりませんがw
とりあえず仕様のほうを説明しましょう!

Control : Level、Tone、Dirt
Switch : Bypass Switch(True Bypass)


いたって普通のコントロール類ですが、実は製作者いわく
Dirt(ゲイン)をフルアップにしギターのVolでゲインコントロールをするのが基本

とのこと

このことについて、某楽器店では色々と考察を重ねた結果
アンプがクリーンの状態だと上記のような使用法が好ましく

アンプをクランチ気味にセッティングしゲインブースター的に使用する場合は
Dirtを少し抑え目でLevelを上げてやると良いとの結果が出たそうな

特にチューブアンプ、さらに言えばマーシャルだといいよ!とのこと

ふうむ、なるほど
自分はあまり聞かないのでパッと頭にサウンドが思い浮かばないんですけど
どんな感じなんでしょうかね、ちょっと気になります

あと、ふと疑問に思ったんですが
いくつかのお店でOkalahomaという表記があったんですが
Oklahomaが多分正解だよね…、最初検索かけても出てこなくて焦った!w

それと、残念ながら動画は見つからなかったのでサウンドは聞けませんでしたが
リンクのほうがありましたので参考程度にどうぞ!




ディストーション Mahoney Okalahoma Red Dirt [送料無料!]


こんな感じですな!
とりあえず今日の更新はこれまで
お盆も終わったようですし、また色々と動き出せそうですな…

お前らハンカチの準備は出来てんのかー!!おらぁ!!
こんな感じで行きたいと思います、すみません嘘です、ごめんなさい

草食系とかマジ勘弁!ビガッ!ビガッ!


ということで今回はこの辺で失礼しまする!(謎)←
アデュー



スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。