[  Fuzz] by Fx Freaks
主に機材、エフェクター、音楽の紹介やレビューを掲載するブログ
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lovepedal BBB 2011
2011/10/02/ (日) | edit |
やぁ、諸君私だ、早い?
ははは、『どうせ一回きりだろ』と思っている君たちの鼻を明かしたくてね!(ドヤァッ

アッ、アッー!ヤメッ!ひでぶっ!
…すみません調子に乗りました、反省しています

とりあえず、しばらくはめぼしい物を挙げて行くつもりでございます
俺に足りないのはスピードだっ!て心の兄貴が言ってたから…


というわけでスピード更新だよ!全員集合!

『Lovepedal BBB 2011』

lovepedal_bbb.jpg

これまた特に目新しいものでは無いのですが、とりあえず!
Lovepedalから再登場したBBBです

こちらは製作に必要なゲルマニウムトランジスタの入手が困難になった為に生産中止
になったモデルなんですが、まぁこれまでにも何度か少量生産で復活しておりまして

今回も僅かながらの復活、といった形になるそうな

詳しい仕様は以下の通り

Control : Volume、Blend、Gain
Switch : Bypass Switch


あとは内部トリムでバイアスが操作できるとか
裏ぶたに穴が開いているそうなので調節の手間が無くてお手軽だぜ!みたいな

コントロールのBlendなんですが
これはゲルマニウムトランジスタのMix具合を調節する物になるのだとか

元々、ゲルマとシリコンのハイブリットらしいんですが
このノブでゲルマとシリコンのバランスを変えて様々なサウンドの変化させるぜ!的な
そんな感じみたいです、うん(多分ry)

一応本家HPの説明だと
Vintage Dallas Rangemasterから1967 Ge fuzz face、その他には
Distortion、 Overdrive、Flat boost、Warm clean boostまでなんでもござれ!

みたいな、良く見る非常に胡散臭い謳い文句が書いてありましたね

最近ファズに興味があるのでちょっと試してみたい物ではありますが
何故かそんなにLovepedalに惹かれない不思議

でも何故かAmp Elevenだけ凄く気になる不思議

ふうむ、とりあえず参考用にリンクと動画貼っときます!
気になる人はチラ見して品定めしてみては如何でしょうか




Lovepedal BBB 2011 [OC76 Ge Hybrid Fuzz]








とまぁ、こんな感じですな

最近は本当に機材熱という物が収まってしまっていて
困ったも…いや、きっと、というか絶対良い傾向なのでしょうねw

ですが、先週Power RECに行った時にNeumannのU87Aiを試す機会がありまして
そいつを試したばかりに、もしかしたらマイクの世界に足を踏み入れることになるかも…

なんていうね!ちょっとばかり恐ろしい状態にもなっているわけです!

だって…、余りにも音が良すぎて…
そりゃもう、『ステージ用のマイクもちょっと考えなきゃな』ってなるよね

まぁU87Aiは完全にREC用だし
個人で持つのは環境的にも持て余してしまうのでアレですが

でもあの音の良さはヤバいよね、最初原田さんと二人で5万位の価格帯で
REC用のコンデンサマイクを探してたはずなのに…、アレを試したばっかりに…

それまでコレですね!っていってたマイクに手が伸びなくなってしまった…笑

アレで本格RECのスタンダードマイクかぁ、値段もヤバいしあっちの世界は怖いな!
レコスタ行ったら普通に置いてあるらしいし…ヒュー!



NEUMANN U87Ai

まぁ、とりあえずですね
以上の事から、恐らくステージ用のマイクの試奏の機会が増えて来ると思うので
いつの日か我がブログにマイクの記事が載ることがあるかもしれませんな…(ゴクリッ

とまぁ、新たな病気が発生か!といった感じではありますが
しばらくは(きっと、多分)普通に今まで通りの機材の紹介になるかと思いますので

皆さま、これからも生暖かい目で見てやってくださいましw


てな訳で今日の更新は終了!
See You Next Time!!



スポンサーサイト
thema:楽器
genre:音楽
Death By Audio Fuzz War
2011/06/04/ (土) | edit |
どうせ皆、『一回だけ更新してまた長期にわたって放置プレイだろ』
って思ってたやろ、ふふふのふん

ねぇねぇ 今どんな気持ち?
NeeNee.png

すみません、調子に乗りました
これからも当ブログをよろしくお願いします(殴られ

てな感じで今日の更新いきましょー

『Death By Audio Fuzz War』


DBA-FUZZWAR2-2.jpg


今更どうした!と思う人ちょっとお待ちを、ほら!ノブが増えてるでしょう!

New Yorkにてハンドメイドエフェクトを作成するDeath By Audioから
ラインナップにあるFuzz Warのマイナーチェンジのお知らせ

以前は内部トリムにあった歪み量のコントロールが表に出てきて
3ノブになり、便利になって再登場!みたいな感じでしょうかね

それにしても謳い文句、初めてみたけど最初の方がはっちゃけ過ぎてて笑った

Call in the Army, the Navy, Scottland Yard, your Mom, and the Mario Brothers! You'll need all the help you can get to stop this endless wall of fuzz from raging! This kill all circuit explodes the meanest, nastiest, balls out distortion to make you the ruler of the fuzz universe.

助けを求める相手が段々弱くなっているのか強くなっているのかイマイチw
まぁ、そんだけなんですけどね!すみませんね!(テヘッ

変更点に関してはそれだけなのでもう書くことが無いっていう
あ、そうそう特に大した情報ではありませんが参考までに

これ結構でかいんです


20081023202253.jpg


まぁ写真の物は旧モデルですが大きさ自体は変わっていないのでw
てな感じで今日の更新終了、になるかな…笑

とりあえず参考用に動画貼っときます








内容量少なくて申し訳ないが今日のところはコレにて終了!
そんなわけで皆さんまた次の更新でお会いしましょう


ではでは


thema:楽器
genre:音楽
Mahoney BUZZrite
2011/01/12/ (水) | edit |
最近の寒さは異常
布団から出られなくなった俺を責めることは出来ない!←

こたつむり or みのむしが近頃のスタンダードスタイル
ガイアが俺にもっと輝けと言っている…←


『Mahoney BUZZrite』

EFCMNBUZRT.jpg

Mahoneyの商品であるBUZZriteが上陸したようなので紹介をば
ヴィンテージMosrite Fuzzriteを徹底研究し改良を加えたファズペダルだそうな

とりあえず仕様はこちら

Control : Volume、Depth
Switch : Bypass Switch(True Bypass)、Side Switch


スイッチなんですが恐らくブライトスイッチかなんかですね

商品説明では高域を強調したワイルドなサウンドと
やや歪みを抑えさらに音圧があるファットなサウンドの切替えが出来ます

とのことでしたので、まぁ当たらずとも遠からずでしょう

BUZZrite_3.jpeg

ちなみにDepthノブはGainに当たるコントロールになってるそうで
何となく無骨な見た目が気に入ったので紹介してみましたw

動画とリンクがあるので参考にどうぞ!




ファズ Mahoney BUZZrite [送料無料!]




ふうむ、結構音も良さそうな気配が漂ってくるわけだが…
店頭で見かけたら試してこようっと

あ、そういえば別口で1つお知らせが
こいつを見てくれ。これを見てどう思う?

workingonlex2.jpg

そう、昨日書いたLexの最新画像さ、大きいだry

この画像をみた時点で若干嫌な予感はしたわけさ
そしてこの画像が張ってある記事のコメント欄をみた時に目の前が真っ暗に←

思えばあれはフラグだったのかもしれない
強い敵に攻撃して『やったか…?』って言うのはやってない+死亡フラグだもんな

とりあえずまだ"はっきり"とは分かっていないので明言はしませんが
俺の予測はおそらく、というか高確率で、いや、ほぼ間違いなく!外れました!www

こいつ、歪みペダルじゃないぞ!w

というわけで皆さんまた次の報告を待つべしw
では今日はこの辺で終わりにしたいと思いますー

次回更新でお会いしましょう!

thema:楽器
genre:音楽
Soul Power Instruments 亀甲
2010/11/17/ (水) | edit |
こんばんわ私です
ここ数日何かに呪われてんのかってくらい左手を怪我します

最初は小指が痛くなり、そこが化膿しやがりーの
次は缶詰を開けた時に蓋の端で人差し指の先をぱっくりくぱぁしーの

昨日は目覚まし時計を消そうと寝ぼけてフルスイングしたら
本棚の角に引っかけて掌を引き裂きーの…

なんだ、どうした

しかも昨日の怪我、手首の方までなってるから
若干ためらい傷みたいな見た目になっててなんだか凄く困る

友人に見られた時
『一瞬見てはいけないものを見てしまったかと思った』
とか突っ込まれる次第でござる、…ござる

いいんす、いいんすよ
昨日は良い事あったもんね、ワクワクドキドキな企画が動き出すかも
楽しみでござーい、と言うわけで今日の更新


『Soul Power Instruments 亀甲』


SMDSC07407.jpg


ふむ…、ふむ←
Soul Power Instrumentsからの新作
と言うか限定リリース品でして中身はファズになるらしいです

去年は確かGameGirlという名前のゲームボーイを筺体として使ったファズだったような
今回は、ふむ、なんと言うか紐が…ふむ←

コントロールはこちら

Control : Gain、Level、Character
Switch : Bypass Switch


キャラクターは音色の雰囲気、特にミドルレンジをガラッと変えるコントロールだとか
ちなみに乾電池を交換するには、亀甲縛りをやり直さないといけないらしいw

なんと言う仕様…w
電池派の方々は間違いなく亀甲縛りマエストロになる仕様ですね
若干見た目がチープな気がしてならない俺ですが、この発想はなかった

立体感のある亀甲縛り模様の塗装だったら良かったなぁ
真ん中にいつもの女性のデザイン入れて、みたいな

ちなみに値段は送料税込で15600円だそうな
限定30台らしいのですがまだ残っているかは不明ですー

動画があったので気になる方は参考までにどうぞ





てな感じで今回の更新はここまで

えーと、気づくのが遅れてしまったんですが
Dr.ScientistのRadical Red Reverberator(Mini)を買いたいんだけど
一体どこで買ったらいいの、教えてエロイ人

という方がいらっしゃったのでちょろっと書いておこうと思います

と言いましても、実際いつも友人に個人輸入をやってもらっているのでアレなのですがw
聞いてみたところ今買うならanaloguehavenがいいんじゃないか、とのことです
送料が40$程かかってしまうらしいですが…

一応リンク貼っておきますー
analoguehaven 『Radical Red Reverberator』

Dr.Scientistユーザーが増えるのは嬉しいですね…
RRRも自分が買った時より断然買いやすい値段、かつ縮小化されてますし!

そんなこんなでこれにて終了ー
それでは皆さんまた次の更新の時にお会いしましょう!

ではでは

thema:楽器
genre:音楽
M.A.S.F Pedals thornoscillator
2010/11/16/ (火) | edit |
昨夜未明、ギターを片手に屋上でフィーバーしてきた俺
荒ぶる気を静め自室へ戻ろうとエレベーターに乗り込み降下

目的の階についてドアが開いた時、俺は見た

蠢く怪しい影、人呼んでG、太古から人に仇なす妖怪である
むぅ、素早い動きなんというフットワークの軽さ…

ははは、これが部屋の中ならば恐れ戦く所であるが今の俺は靴を履いているのだ!

恐るるに足らんぞ!くらえ!ドラゴンシューット!
ってな感じでナイスキックをGにかまして殲滅してやんよ
そーれ、シュッシュ、シャドーシュッシュ、当たるぞー当たるぞー

おらあああああああああああああああああ

こんな謎のテンションでGにナイスキックをくれてやったところ
我が家のお隣さんの玄関の隙間にボッシュート

スーパーひとしくんVer.G、ぼっしゅーと

いやいや、俺は何も見ていないし何もやっていない
お隣さんの家にGを蹴り込んだなんてバカなことあるわけないじゃないか
………
正直すまんかった
まさかあんな隙間から入るだなんて思いもよらず悪気はなかったのでござる
拙者の不徳と致すところ…、申し訳ござらん

そんな秋の夜長の一幕でした、まる

閑話休題

『M.A.S.F Pedals thornoscillator』


thornoscillator2qrw.jpg


今日の更新はこちら
書こう書こうと思って忘れていた、MASF Pedalsからの新商品でござる
オシレートノイズファズエフェクターになるんだとか

とりあえず仕様の方をば

Control : Volume、Character、Freq、Sens
Switch : Bypass Switch


ぶっちゃけSensコントロールの効き方が具体的にどんなものか分からない
どこを見てもはっきりと触れていないので不明ですな

まぁ、でもSensってことはSensitivity(?)の略でしょうから
恐らくはピッキングの強弱に対する反応って所ではなかろうかと考えてみたり
本当のところはどうか分かりませんけれども…

ちなみに音の方ですが商品説明だとこんな感じ

粒の細かい砂嵐ファズサウンドを何重にも積み重ねたノイズの壁
そして発振は縦横無尽に暴れるM.A.S.F的ノイズサウンド


とまぁ、今回もやってくれたぜ!的なノイズウォッシュ系になるのかな?
毎回今度は一体どんな物を…、とドキドキワクワクしてしまうw

それにしても今回のこの製品、インプットとアウトプットの位置が非常に低い気が
ボード組む時にどんな具合になるのだろうか…、それがちょっと気になる木

ふむふむ…
書くべきことは大体こんな感じですかねー

自分のやっている音楽的には完全に使うことのないであろうジャンルなわけですが
時折轟音系だったりノイズ系のエフェクターって欲しくなるんですよね
結局お蔵入りするんじゃないかとか考えて毎回買えないわけですがw

そんなどうでもいい話は置いといて
とりあえず動画とリンクを貼っておくので気になる方は参考までにどうぞー








流石にもう寝巻に半袖は寒いですな…
体があったまるように飯でも食べて寝るとします

そんなこんなで今日の更新終了ー
皆さん、また次の更新でお会いしましょう!

ではでは


thema:楽器
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。